賃貸条件を自分なりに設定

探している賃貸物件の条件を広げることによって、少しでも自分の求める物件に近いものが見つかることがあります。
もし条件を広げるのがどうしても嫌なのでしたら、最終的には希望家賃設定を上げるしか方法はありません。

 

不動産屋の担当者に対して、自分の理想となる条件を伝えましたら、その条件が本当に現実的に可能なのかを確認することが大切です。
物件の情報誌などで希望沿線や希望駅で予算に合っている広さや間取りの部屋があるのかどうかを確認しておきましょう。

 

インターネットや賃貸情報誌などで「これだ!」と思った物件があったら、すぐに担当の不動産屋に確認の電話をして、契約済みとなってしまっていたら再度検討しなおしましょう。
予算内で物件を探すことが出来ないようでしたら、条件よりも狭い部屋にするか、駅から遠い部屋にするかなど条件を広げてみましょう。 人気の賃貸物件はあっという間に不動産屋の空き物件情報から消えてしまうものです。
中には情報に掲載されることなくクチコミだけで契約がされることもあるので、担当者と仲良くなって不動産選びをしましょう。



賃貸条件を自分なりに設定ブログ:170920

あたしには小学生のムスコがいますが、
軽いハンディがありまして、
そのために療育的な指導というのを受けています。

一週間前、その指導でお世話になっている方と
ゆっくりお話しする機会がありました。

その時に、
「お子さんのことで何か困っていることはない?」と聞かれ、
思ったのが、
「学校の参観とか行くと、どうも切ない気持ちになる」
ということでした。

「どうしてそういう気持ちになるのかな?」と聞かれ

あたしが答えたことは、
「お子さんのハンディは受け入れたつもりだけど、
やっぱり他のお子さんたちと比べてしまうから切ないのかな、いや〜でも…」

答えながら、
「うん?なんかしっくりこないなあ、本当のあたしの気持ちはどこにある?」
という感覚になりました。
そしてあたしはしばし黙って考えました。

それからあたしは、涙の予感を感じ、
ハンカチをカバンから取り出し、目に当て…

「う〜ん、なんかあたしが小学生の時、教室ですごい孤独で…
教室にいる時、あたしは本当に孤立無援な感覚でいつもいたんだなって、
今、気がつきました…」
と、話している自分がいました。

だから、机の並んだ教室を見ると、
どこからともなく切ない気持ちが湧きあがってきた…
ということのようです。

孤独で、寂しくて、誰からも助けてもらえないと思い込んでいる
小学生のあたしの気持ちが、
「つらいよ〜、あたしの気持ちに気付いてよ〜」と、
心の中から訴えてきていた…ようです。

誰にも助けてもらえないと思い込んでいたあたしは、
誰にも助けを求めず、結果、周りからは
「しっかりしていて、助けのいらないお子さん」に見えていたらしく、
逆に頼られてしまうという、ちょっとキツイ状況が生まれたのかな…
と思います。