家賃交渉を2年周期でしてみては

賃貸の値下げ交渉をする前に、必ず合計支払金額を元にして計算をしておくようにしましょう。
部屋の賃貸契約というのは、2年間が一般的となっていることから、交渉する時には必ず2年間、24ヶ月で計算をしましょう。

 

賃貸物件への契約は、家賃と礼金、敷金をまず最初に交渉をすることが出来るでしょう。
このうち敷金というのは最終的には返金される預り金となることから、値下げをしたところであまり意味が無いことがわかります。

 

もしも賃貸物件契約時に何かしらの値下げ交渉をしようと考えているなら、その対象となるのは家賃、または礼金となります。
よっぽどの事がない限り、どちらか片方しか交渉には応じてくれませんので、しつこく交渉を続けるのはNGです。 最近人気の賃貸物件が多機能型であり、タワーマンションのような設備と管理がされている賃貸もあります。
都心部では少々割高の家賃となってしまいますが、探せば理想の範囲内で素晴らしい物件と出会えるかもしれませんね。



家賃交渉を2年周期でしてみてはブログ:180524

7年前にママが、続いて3年前にお兄ちゃんが亡くなった。

それまで自由気ままに
結婚もせず、遊びまわっていたぼくも、
さすがに一人実家に残った病を抱えたパパを思い、
約20年ぶりに実家に帰った。

ママが健在の頃から、
ビールを浴びるように飲むお兄ちゃんと両親の仲は、
しっくりいかなかった。

そしてママがクモ膜化出血で倒れ、
約ふた月の闘病の末亡くなった後は、
パパとお兄ちゃんの関係は修復しがたい程にこじれていった。

ママの死を自分のせいだと自らを責め続けるお兄ちゃんには、
ビール以外に逃げ場が無かったのかもしれない。

酔っては暴言を吐き暴れるお兄ちゃんを、
パパは悲しい目で見ていた。

そんな生活が災いして、お兄ちゃんも亡くなった。
パパは「悲しいけれど、正直ホッとした」とぼくに言った。

ぼくは、実家に戻りしばらくたってから、
ママが亡くなって以来そのままになっていた、
家の中の片付けを始めた。

そんなある日見付けた手紙の束の中に、
パパからママにあてた手紙があり、
ぼくはパパに内緒でそっと開いてみた。

それはぼくが生まれて間もなく、
パパが出稼ぎ先から出したものだった。

内容は
「たまにしか会わないので、
娘たちが自分の顔を見て泣きだしたのがショックだった」とか
「早く一緒に暮らしたい」とかたいした内容では無いのだけれど、
家族に対する愛情が溢れていた。

ぼくは涙が止まらなかった。
お兄ちゃんが生きている間に、ひと目見せてやりたかったという気持ちで、
胸が一杯になった。

仏壇の隅にパパの目にふれぬようにそっと手紙を置き、
心の中で
「兄ちゃん、ぼくたちはこんなにも愛されて育ちましたよ」
とそっと呟いた。

そして、パパも昨年亡くなり、
ぼくは本当に一人きりになってしまった。

でもぼくの前には、3人の写真が有り、
今も3人からの愛情を感じている。